FC2ブログ

レビュワーシュンがフリゲをあれこれ語るブログ

最近レビュワーになった自分がフリゲをレビュー形式で語っていこうと思います

鉄格子の逢瀬

 作者・・・アオイサクラさま 制作ツール・・・ティラノスクリプト
ダウンロードはこちらのバナーから。直接作品紹介ページに進みます。
鉄格子の逢瀬

 年齢制限・・・15歳以上推奨

 戦争により故郷を追われることとなったノエル。家族も失い、1人首都へ向かう旅をしていました。
途中大雨から逃れるためにとある古びた建物に雨宿りをすることになった彼女はそこでディートハルトという男と出会います。
どうやらここは監獄で、彼は最後の死刑囚とのこと。5日後に彼は処刑されるらしいです。
監獄長によるとここに匿ってくれる代わりに彼の見張りを手伝って欲しいとのことで、ノエルはその提案に応じます。
鉄格子を隔てた彼との会話によって明かされていく真実とは?処刑の日、最後に下されるノエルの決断とは?

 一見すると乙女ゲーのような雰囲気のある作品ですが、実際はそうでもなく、「恋愛要素がありそうで無い一般向けの作品」と考えるのが妥当です。
ちなみにこの作者様はとある乙女ゲーを制作中とのことで、この作品がそんな雰囲気になったのもその作品が原因かもしれません。
さて、話としては選択肢でエンドが分岐する一般的なタイプのアドベンチャー。好感度と最後の選択肢によりハッピーエンドか4種類のバッドエンドに分岐します。
ハッピーエンドに進むためには選択肢を間違えないことが必要になります。選択肢自体はそれほど難しくはありません。
分岐が分からないならば作者ブログに完全攻略が記されていますが、一部手順が違う箇所があるのでご注意ください。
あるバッドエンドの分岐は特定の箇所で特定の選択肢を選ぶことが必要になり、条件を満たさなければ選択肢そのものが出なくなります。
ハッピーエンド以外、ノエルとディートハルトが両方助かる道は無く、一方がもう一方を無残に殺す展開まで用意されています。
スチルも相まってその悲惨さが際立って見えると思いますね・・・。
ハッピーエンドは本当にハッピーなのですが、そこではこの監獄の真実や戦争で実際に起こった出来事など、他のエンドでは語られない部分も明らかとなり、トゥルーエンドの要素も含まれています。
絶望的な状況の中無事に真実に辿り着き、2人共生きて未来に進む道に導けるでしょうか。
 デフォルトだとシステム周りがイマイチなティラノスクリプト(またはティラノビルダー)にしてはシステムも整ってますが、不便な点も残ってます。
バックログを開くと一番古い部分が表示される、セーブ・ロード・コンフィグ・バックログから右クリックで戻れない、ゲーム画面から直接セーブ、ロード、バックログ、コンフィグに飛べない、
一部の文字や文章の演出をスキップできない、エンドロールを飛ばせない(エンドロール自体をスキップすることは出来る)辺りでしょうか。
致命的なものではないものの改善の余地はありそうです。
それはともかく、鉄格子を隔てた2人の出会いからどんな真実が判明するのか、そこに注目しましょう!

 以下キャプチャ画像

 ↓思えば、もしここで彼と出会わなければノエルは何も知らないまま生きていたのかもしれませんね。
cg-Tryst_of_Prison1.jpg

 ↓戦争で起こった出来事。全て明かされるのはハッピーエンドのみです。
cg-Tryst_of_Prison2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/06/26(日) 15:44:16|
  2. レビュー(一般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LINK~約束の季節~ | ホーム | 現の夢幻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shunreviewer.blog.fc2.com/tb.php/207-c99b4aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

プロフィール

シュン@レビュワー

Author:シュン@レビュワー
 最初に・・・初めて訪れる人は
「はじめに」をご覧ください~。

性別・・・男性
出身地・・・岡山県
好きな色・・・青
好きなフリゲ・・・
TRUE REMEMBRANCE
(リメイク版)
レミュオールの錬金術師
ロイヤルベルを鳴らして 

更新頻度・・・不定期

 ADVを中心に色んなフリゲを
プレイしてきました。
ここは今までプレイしたフリゲのレビューを
掲載するブログです。
 しかし・・・乙女ゲームが多いの
ですよ。男性なのに・・・。
 レビューも乙女ゲームが中心に
なるかもです。

 また、最近レビューを始めた為
新旧様々なゲームのレビューが入り
混じります。ご注意を。

 レビューブログ設立のきっかけ・・・
『ロイヤルベルを鳴らして』をプレイしたところ
あまりにも面白すぎて・・・笑い転げました。
そして、レビューにしてプレイした感想や
作品の魅力を語ろう!と思ったからです。
この時は2013年4月頃。
その後、これまでにプレイしたゲームや
最近知ったゲームを含めたレビューブログを
設立しました。
タイトルは急に思いついたので、ブログの目的を
そのままタイトルにしました。
バナーは・・・まだ考え中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レビュー(乙女) (181)
レビュー(一般) (52)
レビューリスト (2)
はじめに (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR