FC2ブログ

レビュワーシュンがフリゲをあれこれ語るブログ

最近レビュワーになった自分がフリゲをレビュー形式で語っていこうと思います

PでCなカレ

 作者・・・いみふめいさま&ぐーもーふさま 制作ツール・・・吉里吉里2
ダウンロードはこちらのバナーから。サイトリンク用のバナーでは無いので許可を得てお借りしています。


主人公・小柔窓佳の元に届いた、幼馴染との再会の知らせ。
しかも彼は1年間自分の家に居候するというのだ。
ありし日の思い出に想いを馳せ、彼を迎える窓佳であったが、
帰ってきた彼・林檎野牧人は10年前とは似つかない冷たいカレに変貌していた!

窓佳はカレに笑顔を取り戻すことが出来るのか――?((紹介ページより抜粋)

 そんな彼の立ち絵がまさかのPC!?PC擬人化?と思いますが話の内容から察するに実際には人間でしょう。
手を繋ぐ表現や、主人公の作ったおにぎりを食べている描写などがあるので。つまり、彼はPCに例えられている・・・と考えて良いでしょう。
そのためか、彼に対する表現はPCでも通用するものになっています。例えばフリーズする、ブルーになる、冷たい・・・など。
人間の姿よりPCの姿の方が表情が多いような気がするのは気のせいでしょうかね?
彼(まっくん)は一体何故こんな姿になってしまったのでしょうか。それがこの話の根幹になっています。
主人公の両親も面白いキャラで笑いました。特に父親・・・。アンタ絶対娘バカでしょ!?
 最初はコメディっぽい展開ですが、実はシリアスの要素が強く、エンドによっては鬱展開になってしまいます。
といっても選択肢は1つだけ、つまりエンドは2つ(ハッピーとバッド)ですが、この選択肢で展開が様変わりします。
バッドエンドは全く救いの無い悲惨な結末です。最後の一枚絵がそれを物語っていました。そ、そんな・・・!
一方のハッピーエンドはバッドエンドで起こっていた出来事も回収しつつ、彼の秘密や2人の過去、そして2人の心の成長が描かれています。
バッドも皮肉めいていて良かったですが、やはりこちらのエンドの方が良かったですね~。バッドエンドとは正に両極端な明るい結末でした。
冒頭、主人公が「黒歴史」と語っていた「下僕宣言」も意外な形で回収されていて笑いました。うん、正に黒歴史・・・。

 ハッピーエンドを見たら是非EXTRA(CGリスト)をチェックしてみてください。とあるスチルでは隠れていた彼の表情が・・・?
名前の地点でPCネタが仕込まれています。主人公の小柔(こじゅう)窓佳やまっくんこと林檎野牧人・・・分かる人はすぐ分かるかも!?
本当にまっくんがパソコンになってたらどうなっていたことやら・・・。バッドな展開は・・・っとそれ以上は言えませんが、それより辛い展開だとは言っておきます。
もちろんハッピーな結末は本当にハッピーですよ~!こちらを後にしてプレイするとより結末の対比が分かるようになると思います。

 以下キャプチャ画像

 ↓「PCの表現でも人の表現でもピッタリ当てはまる」ことを体現するセリフ。
cg-pdecnakare1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/07/11(土) 21:50:00|
  2. レビュー(乙女)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おとうとぬいぐるみ | ホーム | トリック・アニマート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shunreviewer.blog.fc2.com/tb.php/180-c858d31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

プロフィール

シュン@レビュワー

Author:シュン@レビュワー
 最初に・・・初めて訪れる人は
「はじめに」をご覧ください~。

性別・・・男性
出身地・・・岡山県
好きな色・・・青
好きなフリゲ・・・
TRUE REMEMBRANCE
(リメイク版)
レミュオールの錬金術師
ロイヤルベルを鳴らして 

更新頻度・・・不定期

 ADVを中心に色んなフリゲを
プレイしてきました。
ここは今までプレイしたフリゲのレビューを
掲載するブログです。
 しかし・・・乙女ゲームが多いの
ですよ。男性なのに・・・。
 レビューも乙女ゲームが中心に
なるかもです。

 また、最近レビューを始めた為
新旧様々なゲームのレビューが入り
混じります。ご注意を。

 レビューブログ設立のきっかけ・・・
『ロイヤルベルを鳴らして』をプレイしたところ
あまりにも面白すぎて・・・笑い転げました。
そして、レビューにしてプレイした感想や
作品の魅力を語ろう!と思ったからです。
この時は2013年4月頃。
その後、これまでにプレイしたゲームや
最近知ったゲームを含めたレビューブログを
設立しました。
タイトルは急に思いついたので、ブログの目的を
そのままタイトルにしました。
バナーは・・・まだ考え中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レビュー(乙女) (181)
レビュー(一般) (52)
レビューリスト (2)
はじめに (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR