FC2ブログ

レビュワーシュンがフリゲをあれこれ語るブログ

最近レビュワーになった自分がフリゲをレビュー形式で語っていこうと思います

3人目のレーゾンデートル

 作者・・・きるえさま 制作ツール・・・YU-RIS
ダウンロードはこちらのバナーから。


 年齢制限・・・15歳未満禁止かつ18歳以上推奨

 それは復讐の物語。貴族だった者の愚かで救いの無い復讐の物語・・・。
元はとある貴族だったロザリア(名前変更可)。しかし軍のクーデターにより国も名誉も、家族までも失ってしまいました。
その後彼女は辺境の村で老夫婦と一緒に過ごしてきましたが、数年後に老夫婦は亡くなり、母親を射殺した者への復讐を果たす為軍に入ることになった彼女。それから3年。
異様なまでに傲慢な少将や、やけに主人公に優しくする大佐の下で主人公はただ復讐への道を歩むことになります。
1人目の自分は貴族。2人目の自分は老夫婦の娘。3人目の自分は復讐者。
国、家族、仲間。全てを失わせた者への仇討ちを・・・。そんな主人公に待っている結末は・・・。

 ついに5作品目となったゆうあかりのエイプリルフールゲーム。今作も例外なくマルチバッドエンドです。
今までの作品は相手側が一方的に悪いという傾向にありましたが、今作は主人公にも責任があるのがまた皮肉です。
結局は復讐など考えていてもろくな人生にはならないことを深く痛感することでしょう・・・。
 さて、攻略相手となるのはヴェルナー少将とルネ大佐。サブキャラとしてイアン中尉も出てきますがエンドには関わってきません。
2人揃ってここでは載せられないほどの極悪人ですが、中尉もその軽い性格からは想像もできないほどの悪人です。
この国の軍人は(主人公含め)まともな人物はいないのか?と思いました。実際、クーデターを起こした理由もまともでは無かったですし。
6つあるエンドは前にも言いましたが全てバッドエンド。WorstやBadエンドで音を上げているようでは話になりません。HappyやTrueエンドの方がよほど救いがありません。
というより復讐に失敗するエンドの方が多く、たとえ復讐に成功したとしても救いがあるはずも無く・・・。いずれにしても「主人公が可哀想」としか言いようがありません。
立ち絵のキャラの目から光が消えるのは何度見ても怖いですね・・・。今作では主人公の目から光が消えるのが特に怖く感じました。
どんなに主人公を追い詰めても絶対に死なせない、むしろ死ぬより辛い目に遭わせるのは作者のこだわりを感じさせます。この作品に限ったことでも無いですが・・・。
この作品のような「頭が痛くなるゲーム」だとそれが顕著に表れますね。

 本編ではこれだけやっておいてコンプおまけ小話では本編とは別の意味でぶっ飛んでいて笑いました。
もちろん、そんなことで本編で受けた傷が癒えるはずもありませんが・・・。こんな話を仕込む辺りきるえさま逆に怖いです・・・。
下のバナー画像に載っているルネの表情も怖い・・・もう色々怖い作品です。褒め言葉ですが・・・(ぇ

 こちらはバナー画像
ba-3rai[1]
スポンサーサイト
  1. 2015/04/05(日) 20:55:12|
  2. レビュー(乙女)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エセ王子と涙目少女 | ホーム | モタモタバレンタイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shunreviewer.blog.fc2.com/tb.php/175-fd24e280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

プロフィール

シュン@レビュワー

Author:シュン@レビュワー
 最初に・・・初めて訪れる人は
「はじめに」をご覧ください~。

性別・・・男性
出身地・・・岡山県
好きな色・・・青
好きなフリゲ・・・
TRUE REMEMBRANCE
(リメイク版)
レミュオールの錬金術師
ロイヤルベルを鳴らして 

更新頻度・・・不定期

 ADVを中心に色んなフリゲを
プレイしてきました。
ここは今までプレイしたフリゲのレビューを
掲載するブログです。
 しかし・・・乙女ゲームが多いの
ですよ。男性なのに・・・。
 レビューも乙女ゲームが中心に
なるかもです。

 また、最近レビューを始めた為
新旧様々なゲームのレビューが入り
混じります。ご注意を。

 レビューブログ設立のきっかけ・・・
『ロイヤルベルを鳴らして』をプレイしたところ
あまりにも面白すぎて・・・笑い転げました。
そして、レビューにしてプレイした感想や
作品の魅力を語ろう!と思ったからです。
この時は2013年4月頃。
その後、これまでにプレイしたゲームや
最近知ったゲームを含めたレビューブログを
設立しました。
タイトルは急に思いついたので、ブログの目的を
そのままタイトルにしました。
バナーは・・・まだ考え中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レビュー(乙女) (181)
レビュー(一般) (52)
レビューリスト (2)
はじめに (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR