レビュワーシュンがフリゲをあれこれ語るブログ

最近レビュワーになった自分がフリゲをレビュー形式で語っていこうと思います

徒花の館・紅

 作者・・・雪月花さま 制作ツール・・・RPGツクールMV
ふりーむ!の紹介ページに直接繋げます。こちらからどうぞ。

 年齢制限・・・12歳以上推奨

 殺人鬼の主人公、音霧 紅刃(あかば)。ある時、執事の翠が攫われてしまいます。
後を追ってやってきたのはとある館。そこで黛(まゆずみ)という同行者も現れ、紅刃は挑戦者たちと生死を分けたゲームに参加することになります。
そこで判明するのは様々な運命や過去。紅刃は何を見るのでしょうか?

 徒花の館の続編に当たる作品で、今回は挑戦者、つまりゲームに参加する側としてプレイヤーは臨むことになります。
ゲームの内容は前作のゲームに似たものもありますが基本的には新しいものです。詳しいことはプレイ中に確認したほうが良いでしょう。
負けても黛が身代わりとなってくれますが、2回負けると流石にゲームオーバーです。また、最後のゲームでは負けると必ずゲームオーバーになります。
今作も相手の行動はランダム性が無く固定です。ただ・・・あるゲームはとんでもない初見殺しがあり、初回ではまず勝てません。
このゲームでは負けた場合もどのような行動をとったのかが分かるので必ず確認しておきましょう。
一番良いエンドを見るためにはあることをしないで最後の戦いに勝利することが重要になってきます。

 残酷な表現もありますがその量は少なめ。死などの表現もあっさりとしているためそういった描写が苦手な人でも大丈夫でしょう。
一部のキャラは負けると事情や過去が明らかになります。果たして彼らに隠されていた真実とは一体何なのでしょうか?
相変わらず紅刃は容赦無いですが何も考えてないような奴らとは違う何かを持っているようにも見えますね。まあ、普通の人から見たら異常としか思えないのですが・・・。
一応紅刃に関することが幾つか明かされましたが、まだまだ分からないことも多いです。続編が来たら果たしてどうなるのでしょうか。

 以下キャプチャ画像

 ↓ここでの「探し物」は翠のこと。なお、紅刃は容赦の無い人物ということでこの後とんでもない行動に出ます。
cg-kurenai1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/04/14(土) 19:50:08|
  2. レビュー(一般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒花の館

 作者・・・雪月花さま 制作ツール・・・RPGツクールVXAce
ふりーむ!の紹介ページに直接繋げます。こちらからどうぞ。

 年齢制限・・・15歳以上推奨

 とある6人の男女がとある館に訳も分からぬまま閉じ込められました。すぐに音霧 紅刃(おときりあかば)と名乗る殺人鬼が現れます。
早速1人を殺した紅刃は生き残りを掛けたデス・ゲームを提案します。こうして殺戮ゲームの幕が上がるのでした。

 5つのデス・ゲームに挑戦し、相手を殺すのが目的となります。その種類は様々ですが、実際にプレイしたほうが早いと思います。
相手の質問に対し一度だけ嘘をつくことが出来る、というルールがあり、2回嘘をつくとゲームオーバーになります。
相手の行動にランダム性は無く、固定されているので一度相手の行動を見ておきましょう。時には予想外の行動をすることがあります。
EDは相手を殺した数によって分岐します。全員殺す(トゥルーエンド)のは後回しにしておいた方が良いと思います。これは後述。
相手のプロフィールを見ることが出来、条件を満たすと項目が増えていきます。相手の素性が分かるので見ておきましょう。

 殺し合いという物騒な話ですが猟奇的な表現は多くありません。あまり気負いせずに話を見ていきましょう。
一見すると紅刃や彼女に仕える悪魔である翠だけがまともじゃないようにも思えますが、殺戮ゲームに参加する5人にもまともじゃない一面があるようです。
プロフィールに隠された意外な一面・・・驚くことでしょう。殺し合いに参加されても違和感がないことに気づくはずです。
この話に隠された真相はトゥルーエンドにて明かされます。強制はしませんが、このことからこのエンドは後回しにして他のエンドを見ておいたほうが良いと思います。
しかしこんな話だったとは思いもしませんでした。紅刃・・・単に無差別に殺し合いをするキャラでは無いのでしょうか?
もっとどんな人物なのかなどを見てみたいと思いますが・・・現在このシリーズが幾つか公開されているので合わせてプレイするのも良いかもしれません。

以下キャプチャ画像

↓現れて早々このセリフ。この後もとんでもない言動が続きます。
cg-adabana1.jpg
  1. 2018/03/15(木) 21:20:25|
  2. レビュー(一般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワケありの暴君さん

 作者・・・レイさま 制作ツール・・・RPGツクールMV
ダウンロードはこちらのバナーから。


  先輩の瑠璃哉(ルリヤ)に逆恨みで連れ去られ、部屋に閉じ込められてしまった女子高生、愛々子(ナナコ)。
愛々子は彼と一緒に謎解きをしながら部屋を脱出することになるのでした。

 遅れてしまいましたがレビュー復活します。それに伴い記事の内容も変化します。コメント頂いた人ありがとうございます。参考にしますね。
さて、この作品は謎解きを行いながらいくつかある部屋を突破し脱出するのが目的です。
難易度は低め。瑠璃哉からヒントも聞けるので詰まることは無いでしょう。時間も20分くらいと短めです。
終わった!と思ってももう少しだけあるので油断はしないでおいてください。

 一見すると理不尽なように思えますが、話を進めていくうちに瑠璃哉が何をしたかったのかが分かるようになります。
彼からはヒントを聞くほかに雑談をすることも出来ます。ついでに色々聞いてみるのもいいでしょう。
あの先輩・・・単に素直になれないだけで暴君ではないような気がしますね。むしろ主人公の方が暴君になっているような・・・?
2人のこの後も気になりますね・・・。まああの調子なら大丈夫だとは思いますが。

 以下キャプチャ画像

 ↓どうやら無理やり連れ去られて閉じ込められたようです。
cg-wakeari1.jpg

 ↓最初は一方的な恨みで行動しているように見えます。しかしその後の言動が・・・。
cg-wakeari2.jpg
  1. 2018/01/16(火) 20:43:28|
  2. レビュー(一般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霧と太陽の王

 作者・・・ゆきはなさま 制作ツール・・・RPGツクールMV
ダウンロードはこちらのバナーから。


 年齢制限・・・12歳以上推奨

 それは太陽の光が奪われたという言い伝えが残る、とある王国のお話です。
そんな王国で50年の眠りから覚めた霧の王。自分は王様と呼ばれることに不満があるようです。
しばらくして彼が出会ったのはどこからか迷い込んできた人間の少女。
彼女に「ルシャナ」と名づけ、元の場所へと返すことになった霧の王。その出会いが運命を変えるとも知らず・・・。

 霧の王を操作し、道中探索などを行いながら話を進めていくのが主な流れです。
料理名当てクイズといった簡単なミニゲームも用意されていますが、ヒントが多く楽に解けるはずです。
エンドは4つ。ある行動や選択肢によって分岐します。とあるエンドは到達方法が特殊なので同梱されている「readme」を見る方が良いでしょう。
「ふりーむ!」の紹介ページにある通りトゥルーエンドを最後に見ることをオススメします。その理由は後述。

 霧の王と少女には何かあったような感じがしていますが・・・実際何かあります。それが明かされるとき・・・何を思うのでしょうか?
異形達も色んな個性があって良いキャラしてました。中には人間見のあるキャラもいます。
でも・・・あの仕掛けは趣味悪い部分もありましたし、とあるイベントでも残酷な一面がある辺り、やはり人間とは違うのですね・・・。
暗く悲しいエンドばかりですが、トゥルーエンドは救いがあるものになっています。このエンドを最後に見るのはそういう部分もあるからです。
2つのおまけシナリオも用意されており、そのうちの1つは本編とはまるで雰囲気の違う明るい話で、鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれるでしょう。
霧の王と少女の出会いは未来を変えるきっかけになるのでしょうか。それとも・・・。

以下キャプチャ画像

 ↓王様とはあまり呼ばれたくないことが分かるこのセリフ。その理由は過去にあるそうですが・・・。
cg-kiritotaiyou1.jpg
  1. 2017/11/17(金) 21:06:38|
  2. レビュー(一般)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レイニートレイン

 作者・・・AOLさま 制作ツール・・・LiveMaker
ダウンロードはこちらのバナーから。



 主人公は大好きな作家、梅雨晴子の小説を電車内で読むことが日課になっています。
そんな彼女に新しい日課が生まれました。雨の日だけ同じ電車に乗って、同じ梅雨晴子の小説を読んでいる「彼」を見つけることです。
何故か電車の席に座らない彼。もっと話をしたいと思っても怖くて声を掛けられなかった主人公でしたが・・・。

 主人公である「私」と同じ電車に乗る「彼」の話です。雨がちょっと好きになるような、そんな話になっています。
選択肢は単純で、2つの選択で決まります。それにより3つのエンドへ。バッドエンドはありません。
小話もあり。最後まで見るとコンプスチルがどこかに出るので見逃さないようにしましょう。

 あることをきっかけにして2人の距離が縮まり、時にはすれ違い、それでも恋へと発展していく姿は見ていて微笑ましい限りです。
それだけで見ると雨との関連性がないようにも思えますが、実はちゃんと関わってきています。
途中現れる「あの人」には驚きましたね。いや、それって初見じゃ分からないですよ・・・!「彼」との意外な関係も含めて良いキャラしてましたね。
セーブロード画面の傘や水滴、タイトル画面で実際に降っている雨・・・など、演出面にもこだわりを感じますね。他にも音楽とか・・・SEとか・・・。
この作品は2作目で、1作目は・・・ちょっとアレなのでここでは詳しく語らないでおきましょうか。一応乙女ゲーですがバカな方面に突き抜けているので人を選ぶと思います。
漢字に恋する(文字通り)女子なんて聞いたことが無いですよ・・・!

 以下キャプチャ画像

 ↓タイトル画面より。ちょっと分かりにくいですが、実際には雨が降っているのでチェックしてみてください。
cg-rainy1.jpg
  1. 2017/10/18(水) 22:35:39|
  2. レビュー(乙女)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

プロフィール

シュン@レビュワー

Author:シュン@レビュワー
 最初に・・・初めて訪れる人は
「はじめに」をご覧ください~。

性別・・・男性
出身地・・・岡山県
好きな色・・・青
好きなフリゲ・・・
TRUE REMEMBRANCE
(リメイク版)
レミュオールの錬金術師
ロイヤルベルを鳴らして 

更新頻度・・・不定期

 ADVを中心に色んなフリゲを
プレイしてきました。
ここは今までプレイしたフリゲのレビューを
掲載するブログです。
 しかし・・・乙女ゲームが多いの
ですよ。男性なのに・・・。
 レビューも乙女ゲームが中心に
なるかもです。

 また、最近レビューを始めた為
新旧様々なゲームのレビューが入り
混じります。ご注意を。

 レビューブログ設立のきっかけ・・・
『ロイヤルベルを鳴らして』をプレイしたところ
あまりにも面白すぎて・・・笑い転げました。
そして、レビューにしてプレイした感想や
作品の魅力を語ろう!と思ったからです。
この時は2013年4月頃。
その後、これまでにプレイしたゲームや
最近知ったゲームを含めたレビューブログを
設立しました。
タイトルは急に思いついたので、ブログの目的を
そのままタイトルにしました。
バナーは・・・まだ考え中です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レビュー(乙女) (180)
レビュー(一般) (49)
レビューリスト (2)
はじめに (1)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR